美は1日としてならず!そのシワやたるみも1日ではならず!

目の周りは特に女性ならば、特に刺激を与えてしまう部分なのではないでしょうか?
目の周りは顔の部分で1番皮膚が薄いと言われていますが、ファンデーションからのアイシャドウ、アイライン、マスカラと特に目の部分は様々なメイクアイテムを重ねて使うこともあり、落とすためにゴシゴシと擦る動作をよりしているところではないかなと思います。
瞬きなどの目の動きにも刺激を受け、よりこく
その毎日の積み重ねが年齢を重ねるとともに若い頃とはより違いが現れてしまいます。
そこで気をつけたいのが擦るという刺激をいかに与えないかということです。
メイクをするたびブラシやチップで色をのせ、メイクを落とし、洗顔とあなたは1日何回ゴシゴシと皮膚に刺激を与えるでしょうか?
リッドキララは力をなるべく欠けず、洗顔も泡をよく立て転がすように洗います。
水分を取るのもタオルを優しく当て、タオルの水分を吸い取るチカラに任せ、押さえて拭きます。
スキンケアも伸ばすというよりも入れ込むようにと気をつけます。
スキンケアをすることは大前提としてもとにかく肌を必要以上に擦るという動作を減らすことに気をつけただけでもずいぶんと違いを感じることが私はできました。