私の朝の始まりはネコ次第

朝、私の目覚め具合はネコのご機嫌に左右されます。家には2匹のメス猫が居ます。色も毛質も性格も全く違うとても仲の悪い猫達です。この2日の猫が朝だけは一緒に行動します。なぜかというと、朝ご飯が早く欲しいという共通の目的が有るからです。どうしたら、私を目覚めさせる事が出来るのか、あの手この手で攻めてきます。お姉さんネコは私の上に乗っかって、右手の肉球を頬にペタペタ付けてきます。
可愛いではないかと思われるかもしれません。これを無視していると、段々肉球の間から爪が出てくるのです。敵も考えるものです。布団をかぶって隠れると、妹猫の登場です。かわいい声で鳴きながら、私の頭の辺りをグルグルと歩き始めます。そして私はえさ置き場へ直行です。