夢で襲われた話

サプリには闘争プログラムと名前がついているどういう意味だろうと思いながらも私は早速そのサプリを飲んで眠りについた夢の中で私はいつも運動会をしている小学校の教室の中にいた。
いつもはたくさんいる生徒達も先生達も誰もいない窓を開けて外を見てみるどうやら今は夜のようである男が言っていたもっと刺激の強い運動とはどういう意味だろうと突然教室の扉が開いた驚いて振り向いた私は扉のそばに誰かが立っているのを見たそれは男のようだった暗闇の中で男の影がゆらりと動くその手にナイフが握られていた。
次の瞬間その人影が私に向かってきた私は悲鳴をあげながら教室を出た廊下を闇雲に走り男から逃げる後ろから男が追いかけてくる気配がある。
誰もいない夜の学校を全力で走った用務員室に逃げ込み机の下に身を隠す追ってきた男は用務員室に入ってきたがしばらくすると去っていった。