まずは両親が話している母国語の習得が重要

私はしばらく海外で生活していましたが、知り合った日本人のどの親御さんも母国語である日本語の教育に力を入れていました。

思春期や大人になって、色々と思い悩む年頃に自由自在に操れる言語がないということは、その後の人格形成に大きな影響を及ぼすと考える親御さんが多いということでした。

何かトラブルがあった時、「ムカつく」などの抽象的な表現だけでなく、自分がどう考えたのか?を言語化できることはとても重要です。そのため、まずは両親が話している母国語の習得が重要になってくるのです。

日本に住んでいるとバイリンガルに憧れるものではありますが、それは母国語をきちんとできるようになって、本人が望んだ場合に限ります。また、子どもの両親が英語が堪能ではない場合、早期英語学習はなかなかうまくいかない場合も多いものです。
まず、メリットは発音などを先入観なしに身につけられることです。現在では幼稚園や保育園、小学校などで外国人の友人ができることも多くあり、英語が堪能な場合国籍を問わず友人を作ることができます。よく「耳が良いのは20歳までだ」などと言われますが、実際に発音が上達しやすいのは10代までがピークであることが多いです。

デメリットは、前述の通り母国語の習得に影響が生じる可能性があるということです。両親が日本語話者で英語が堪能ではない場合、多くの場合日本語と英語がごちゃ混ぜになった状態になり、子どもの混乱を招くことが多くあります。そして、本人が望まない英語学習は子どものストレスになるというデメリットもあります。
セブンプラスバイリンガル 返品